■プロフィール

とろにゃん(tahko)

Author:とろにゃん(tahko)
にゃんぐるじむなおうちHP
FC2ブログへようこそ!


くまねこと15匹のならず者達(ニャンれん暴)

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ねこのて時計(オバケちゃん)

■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

70匹の猫たちから、預かり猫さんの里親募集です。
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
みぞぽん遊ぶ
08053120P1010508.jpg

08053120P1010509.jpg

08053120P1010510.jpg

08053120P1010512.jpg
先月末に撮った写真
みぞぽん、私のことはまだ好きじゃないみたいだけど
猫じゃらしでなら一緒に遊んでくれる 可愛いぃ
なんたって、みぞれちゃんはカエルやヘビ?も捕ってたから狩猟本能いっぱいだもんね~
ではでは動画で~

[広告 ] VPS







紀香のCMの替え歌 みぞぽん別バージョン
「みぞれちゃんのその挑戦的な目ぇが好っき~

スポンサーサイト
猫動画付き日記 | 21:16:32 | Trackback(0) | Comments(2)
きん太&風子
08062320P1010561.jpg
きんちゃんは美形♪
08062511P1010563.jpg
覆面をかぶったみたいな風ちゃん♪

きん太と風子は5月で3歳になりました。
15匹の仔猫のきん太と風子を保護したのは、たしか・・6月25日
もうあれから3年やね。
保護当時の写真~
05062619EPSN2006.jpg
向って左がきん太。右が里子に行った、きん次改め風太くん
小っちゃい時の写真はどっちがどっちって?考えちゃうわ
05071010EPSN2288.jpg
手前がきん太で奥がきん次(風太くん)
そして右側の手前が風子で奥が里子に行った、いろはちゃん
懐かしい~みんな可愛ぇぇ
05072212EPSN2377.jpg
向って右がきん太で左がきん次(風太くん)
やっぱり可愛い
05072212EPSN2383.jpg
風子といろはちゃんも可愛いぃ

きん太、きん次、風子、いろはちゃんはウチで過ごしたけど
他の11匹は別のお家で預かり期間を過ごしてました。
我が家で一緒に暮らした、きん次(風太くん)といろはちゃん、そして別のお家で過ごした11匹
合わせて13匹は里子に行って、すごい幸せになったね~ 
きん太と風子はそのままウチの猫になっちゃったけど、きんちゃん風ちゃん、まぁ幸せやよね~

きんちゃんは超ビビリで玄関のピンポン~♪が鳴ると脱兎のごとく逃げて(≧▽≦)
誰か来て怖い思いなんてしたことないと思うんやけどなぁ。

きん太と風子は保護猫では珍しく、風邪もひいてなく健康だった。(回虫とかはいたけど)
この3年間も風邪ひとつひかず健康優良児!

ウチの猫 | 17:02:23 | Trackback(0) | Comments(3)
里親さん便り
20080525higemi.jpg
ひげ美ちゃんの里親さんから先月に送っていただいた写真
ひげ美ちゃん3歳のバースディ
ふっくら大きくなって可愛いね
ひげ美ちゃんは保護した時、酷い猫風邪でした。
そのせいかな、今もどうしても鼻づまりがあるそうです。
里親さんにも色々とご心配をおかけして・・本当にありがとうございます。

鼻づまりの解決策など、良い案がありましたらご存知の方、教えてくださいませ。

ひげ美ちゃんは15匹の仔猫の里親募集の仔猫でした。
ウチの猫になった、きん太と風子の写真も近々にアップしま~す

里子に行った猫 | 18:40:32 | Trackback(0) | Comments(4)
頭隠して
08060613P1010519.jpg
みぞれちゃんはコタツの中がお気に入り
08060610P1010514.jpg
頭はコタツに入れて、私から隠れてるつもり?
08060611P1010517.jpg
こんなときに足も触ってみたり~
08060611P1010516.jpg
ちょっと色っぽい

さすがに暑くなってきて、今はコタツ布団ははずしてます。
それでもみぞぽん(みぞれちゃんのこと、そう呼んでます~)はやっぱりコタツの下がお気に♪

ちょっと色々あって、しばらくブログ休もうかしら~と考えてたんだけど
気分転換にもなるし~ちょっと気力のある時はやっぱり更新していくことに~

ウチの猫 | 17:32:58 | Trackback(0) | Comments(2)
おちりちゃんが
08060809P1010524.jpg
わっちゃん、自分から積極的にはおもちゃで遊ばないけど、こうしてそばに持ってくと可愛く遊ぶ

今日のブログのタイトル、新猫の名前ではありませんよ~
先月下旬のことなんですが、わっちゃんのおちりちゃんが大変なことになってました
今はだいぶマシになってます。
わっちゃんを抱っこしたら、なんかどこかが痛そう?
どこどこ??って聞いたけど、分からなくて、そのまま2日たったんですが・・
やっぱり痛そうにしてて、よく見てみたらお尻の横のとこが腫れてました。
もう夜だし、明朝に病院に行くことにしたんだけど
夜も更けてきてから、わっちゃんはすごく痛がって、皮膚がさけて穴があいてるような・・
すごいことになってました。さっきはそんことになってなかったのに。
すごく痛がって鳴くけど、「朝まで待ってや、大丈夫やからな」って言いながら
わっちゃんのこと撫でつづけるしかなくて・・。撫でると気持ちが落ち着くのか、鳴かない。
朝まで長かったです~ そして翌朝、病院に行くと、肛門腺破裂とのことでした・・。
その日は注射してもらって、あとは化膿しないように抗生剤を飲ませてました。
私は誰かに噛まれたの?でもこんなになるまで噛むかな?とかって思ってたけど
先生は一目見て、「肛門腺破裂」と。
猫の病気とか本を読んだりはしてるけど、私もまだまだ知らないことばかり。反省です。
そういえば、ミーコも7歳くらいの時に肛門腺に分泌液がたまったことがありました。
その時はシッポを触ると痛がっていて、すぐに病院に行って処置してもらったから
わっちゃんのように破裂にまではなりませんでした。
最初に痛がってた時にもっとちゃんとよく見てあげてたら
あんなに痛い思いはさせずに済んだのに、わっちゃん~ゴメンなさいです~
まだ皮膚は破れたような状態で痛々しいけど、わっちゃん元気にはしております。

それから最近、体重も減ってきてたので2回目の通院のときに血液検査もしてもらいました。
おちりちゃんがそんな状態なんで、白血球の数値はちょっと高めだったけど
他は正常値でした~! とりあえず安心しました。
でも痩せてるのはやっぱり心配。わっちゃん~もうちょい太れ~
08060809P1010523.jpg
ちょっとだけ、おちりちゃんが写ってる。あんまり酷いから写真には撮ってません~

ウチの猫 | 18:08:12 | Trackback(0) | Comments(6)
買うた~
08061015P1010528.jpg
ピン太「読書のあとは睡眠にゃ~

昨日、買いました 「グーグーだって猫である」
ちょっと遅い? しかも書店に行くまでコミックとは知らんかった(^^;)
「サバの死」のとこで、小鉄のことと重なって号泣
私はこてっちゃんは体が大きいからお水をたくさん飲むと思ってて
だからオシッコもたくさんすると思ってたのよね
最期の時のことではミーコとななのことを思ってまた号泣。
それから、あとは、うんうん、そうそう~!って笑いながら~一気に読みました~
ほんでもって今日、2と3も買っちゃいました
08061012P1010527.jpg

これも一気に読んでしまいました~
「2」の疥癬のタマちゃんのとこでもまた号泣~
だけど泣いても暗い気持ちではなくて、なんて表現すればいいのかな~
気持ちが洗われたような、清々しい気持ち、優しい気持ちになれました

ウチの猫 | 17:17:23 | Trackback(0) | Comments(3)
好っき~♪
08050716P1010492.jpg
みぞれちゃんのテーマ曲
「みぞれちゃんのそのうたぐり深い目ぇが好っき~
紀香の蚊に効くカトリスのCMの替え歌(≧▽≦)
08050716P1010495.jpg
肉球はピンク

紀香のこのCMはウチで流行ってて?熊とお互いに腹の立つことがあると替え歌にして歌ってる
「おっさんのその気遣いのなさが好っき~
「おっさんのその横暴なとこが好っき~」などと・・

ウチの猫 | 14:14:18 | Trackback(1) | Comments(2)
1年という月日
はなのことを見つけられないまま1年という時が過ぎてしまいました。
後悔の念や悲しみ辛さが薄らぐことはなく
11月にかかってきた電話のことは今も頭から離れない。
轢かれてた猫がいて埋めてくれたということ。
時期ははながいなくなって1週間目くらいのことで、場所もウチから近かった。
そんなの、はなじゃないと思う心と、やっぱり、はなだったかもしれないという気持ち・・
きっと誰かが保護してくれてる・・・そんな言葉もかけてもらった。
そうあってくれたら、そうあってほしいと願う。
でもそんなふうに保護してもらえることは奇跡に近いこと。
現実は厳しいことだと色んなことを見聞きして思う。
それでもかすかな望みを捨てられずにもいる。
どちらとも分からず、答えが出ないから、私ははなの冥福さえ祈ってあげることもできないから・・
どこかで区切りをつけたいという気持ちもあるのか・・
自分でも自分の気持ちを整理できないまま。
はな・・こんなことになってしまって・・見つけてあげられなくて本当に本当にごめんね。
でも私が知ってる、はなはいつも明るくて優しくて
私のことを恨んだり怒ったりする、はなを想像できない。
それがまた辛くて涙が止まらないよ。

私には言う資格はないけど、どうかどうかこれを読んでくれてる人は
脱走には万全の対策をしてください。
我が家の猫は大丈夫・・と思う人も多いと思うけど、誰にでもありえることです。
私自身がウチは大丈夫、ウチの猫は大丈夫って・・思っていたから・・。
こんな形での別れは猫も飼い主もとてもとても辛いです。

05101315EPSN3065.jpg
はな 仔猫時代

ウチの猫 | 18:46:24 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad